オナ禁     オナ禁が続かない人の特徴

トップ    >    オナ禁が続かない人の特徴

オナ禁が続かない人の特徴

続かないオナ禁は何が間違っているのか?

オナ禁が続かない人の特徴を研究してみましょう。表を研究したら裏も研究しましょう。 両方を見ることで立体的に見えてきますし、解決は近くなります。 さて、オナ禁が続かない人は、間違ったオナ禁をしているということですよね。 そういう仮定も成り立ちます。 では間違ったオナ禁を定義できれば、その逆をやれば間違っていないオナ禁ですから、 続く、成功する、ということになりますよね。

オナ禁が続かない人は、意志の力に頼り続けている。これが私が研究した結果ですね。 この共通点が一番大きいですね。 ほかにも共通点はありますが、一番大きいのはこれです。 意志の力って、なんなんでしょうね。根性とか、気合とか、決意みたいなことですよね。 決意を新たにすることの意味のなさっていうやつでしょうか。 時間だけが過ぎていくので、やめたほうがいいです。

決意が硬いのは大切ですよ。でもそれと、オナ禁を続けられるかとはまた別の問題だと考えてください。 オナ禁は性欲をコントロールするという行為ですから、 性欲は意志の力でコントロールできません。 意志や気合じゃなくて、環境ですよ。たいせつなのは環境です。 環境が習慣を作りますからね。習慣が変わるということが、オナ禁にとって大切なんですね。

オナ猿状態というのは、オナニーが習慣になっている状態ですから、 まずはそこから脱却、悪習慣からの脱却が大切なんですね。 そのために、意思を固くするのではなく、あそこを固くするのではなく、 環境を変えるんですよ。それが大事です。考え方をそっちにシフトしましょう。

では環境とは何か、ひとりで家にいる時間を減らす、というのが大きいですね。 実家に住んでるなら、部屋にこもる時間を少なくする、なるべく出来る限り少なくしてください。 それが環境を変えるということです。 学校でも会社でも、外でもどこでもいいです。外でオナニーはできないわけですから、 外にいるようにしましょう。

人の目というのはすごい制御力がありますよ。自分にはできない管理も、 人の前だと無意識にできるようになる、これを利用してください。 うまくいっている人はこれを利用しているし、うまくいかない人は環境を変えようとしないですね。 ここがポイントです。